近畿大学 著作権侵害により教員が懲戒処分

2019年8月15日
 

近畿大学は、
著作権侵害(複数の広範な無断転載)が確認されたため、教員を諭旨解雇とすることを決定したようです。

(近畿大学/2019.08.06)(一部抜粋)

教員の懲戒処分について

学校法人近畿大学は、本学法学部教員による著作権侵害について調査しておりましたが、複数の広範な無断転載が認定されたため、下記のとおり当該教員を諭旨解雇とすることを決定しました。当該教員は、本学懲戒委員会での審議を経て、学校法人近畿大学職員就業規則第53条に定める懲戒事由「刑罰法規に該当する行為等、職員として不適当な行為をしたとき。」等に該当することが認められましたので、本処分としました。また、当該教員の上司にあたる法学部長他2名を減給としました。
 無断転載された著作者、出版社をはじめとして、多方面に多大なるご迷惑をおかけし、また学生に対しては、結果的に著作権を侵害したテキストで授業やガイダンスを行っていたことについて、大学として心からお詫び申し上げます。
 今後、再発防止に向けて教職員のコンプライアンス遵守を徹底してまいります。...(略)...

東京農工大学 「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動宣言

2019年8月14日
 

東京農工大学は、
SDGsの達成、2050年石油ベースプラスチックゼロに向けて、使い捨てプラスチックの削減と、課題解決のための新素材の創生等を含めた研究の推進に取り組む「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」(TUAT Plastic 5R Campus)活動を宣言したようです。

(東京農工大学/2019.08.09)(一部抜粋)

「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動宣言

本学は、2019年8月9日(金)に、SDGsの達成、2050年石油ベースプラスチックゼロに向けて、使い捨てプラスチックの削減と、課題解決のための新素材の創生等を含めた研究の推進に取り組む「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」(TUAT Plastic 5R Campus)活動を宣言しました。

 海洋汚染の原因とされるプラスチックごみの規制は、2019年6月のG20大阪サミットでも焦点の1つとなりましたが、東京農工大学では、マイクロプラスチック汚染について研究を続けてきた農学研究院 高田秀重教授を中心とする農学・工学融合の研究チームを発足し、早くから本課題に取り組んで参りました。

 今回の活動宣言に基づいて、プラスチック削減策(マイボトル用給水器設置によるペットボトル削減、生協購買部等の学内販売におけるレジ袋の削減、大学ノベルティーグッズからのプラスチック削減への取組)、教育活動を通じた次世代の育成、社会貢献活動を通じた普及啓発活動に、取り組んで参ります。...(略)...

『「地方国立大学」の時代-2020年に何が起こるのか (中公新書ラクレ)』

2019年8月 5日
 
「地方国立大学」の時代-2020年に何が起こるのか (中公新書ラクレ)
木村 誠
中央公論新社
売り上げランキング: 21,087

『外国語学部 中高生のための学部選びガイド (なるにはBOOKS 大学学部調べ)』

2019年8月 4日
 

『日経トレンディ 2019年 9 月号』

2019年8月 4日
 

『夢をかなえる大学選び 令和時代に花咲く学び方』

2019年8月 3日
 
夢をかなえる大学選び 令和時代に花咲く学び方
船橋伸一 河村振一郎
飛鳥新社 (2019-08-06)
売り上げランキング: 747,963

『就職力で選ぶ大学 2020』

2019年8月 3日
 
就職力で選ぶ大学 2020【表紙:永瀬廉】 (AERAムック)

朝日新聞出版 (2019-07-30)
売り上げランキング: 81

令和2年度開設予定の大学の学部等の設置届出について(平成31年4月分)

2019年7月12日
 

文部科学省のサイトで、
文部科学省に届出(平成31年4月分)のあった令和2年度開設予定の大学の学部等の設置届出について公表されています。

(文部科学省/2019.06.28)(一部抜粋)

令和2年度開設予定の大学の学部等の設置届出について(平成31年4月分)

私立大学の学部の設置/23校
私立短期大学の学科の設置/2校
私立大学の学部の学科の設置/16校
公立大学大学院の研究科の設置/2校
私立大学大学院の研究科の設置/7校
公立大学大学院の研究科の専攻の設置又は課程の変更/2校
私立大学大学院の研究科の専攻の設置又は課程の変更/9校

大学入学者選抜における不正行為に関する対応窓口について(文部科学省)

2019年7月 2日
 

文部科学省では、
入学者選抜において公正が損なわれたと疑われる事態が生じた場合の対応窓口を開設しています。

(文部科学省)(一部抜粋)

大学入学者選抜における不正行為に関する対応窓口について

各大学が実施している入学者選抜において公正が損なわれたと疑われる事態が生じた場合の対応窓口を以下のとおり開設しています。

 各大学が実施している入学者選抜については、それぞれの大学の責任により実施されているものであり、それに関する問合せ等については、一義的には各大学において対応すべきものですが、「大学入学者選抜の公正確保等に向けた方策について(最終報告)」の提言を受けて、文部科学省にも大学入学者選抜の公正確保に関する対応窓口を設けました。

本窓口にお問い合わせいただく場合は、対応を円滑に進めるため、
1 大学名
2 学部・学科等名
3 入試方法区分
4 試験実施年月日
5 公正が損なわれたと疑われる事態が生じたと考える根拠等
を具体的に記入の上、御連絡ください。

文部科学省においては、御連絡いただいた内容を確認した上で、上記1~5を全て満たし、対応が必要と認めるものにつき、当該内容を対象の大学に転送し、対応を促します。

【対応窓口】
文部科学省入試不正対応窓口
...(略)...

『東京大学駒場スタイル』

2019年6月30日
 
東京大学駒場スタイル

東京大学出版会
売り上げランキング: 18,334