『改訂2版 キャンパスハラスメント対策ハンドブック (現代産業選書)』

2018年6月17日
 

『高大接続の本質―「学校と社会をつなぐ調査」から見えてきた課題 (どんな高校生が大学、社会で成長するのか2)』

2018年6月17日
 

『東京大学本郷キャンパス: 140年の歴史をたどる』

2018年6月17日
 
東京大学本郷キャンパス: 140年の歴史をたどる

東京大学出版会
売り上げランキング: 71,629

『大学における多文化体験学習への挑戦: 国内と海外を結ぶ体験的学びの可視化を支援する』

2018年6月 7日
 

小樽商科大学・帯広畜産大学・北見工業大学 2022年4月をめどに運営法人の統合をめざす

2018年6月 7日
 

小樽商科大学、帯広畜産大学、北見工業大学は、
2022年4月をめどに運営法人の統合をめざすことで合意書を締結したようです。

(小樽商科大学/2018.06.05)(一部抜粋)

北海道内国立大学法人の経営改革の推進に関する合意書を締結しました

5月29日(火)、帯広畜産大学、北見工業大学及び本学の3大学が経営改革の推進に関する合意書を締結しました。合意書は、18歳人口の減少、産業構造の変化等の高等教育を取り巻く状況に対応し、北海道経済・産業の課題解決とその発展及び国際社会の繁栄に一層貢献するため、商学、農学、工学の「実学」を担う3大学が協働により経営改革を推進することに合意するものです。

今回の合意は、本学が中心で推進してきた「文理融合型大学間連携事業」により、3大学が連携を深めたことをきっかけにしたもので、3大学の教育研究機能を強化し、北海道の未来に貢献することを目的としています。

合意書では、3大学の教育研究活動、教員人事配置等の自主性・自律性を確保し、3大学の専門分野の成果・知見を融合する連携事業を推進するとともに、特色ある教養教育の充実及びリカレント教育等の専門教育の充実に努めることとしています。また、経営統合に当たっては、3大学の均衡ある発展に資するとともに、北海道の広範な地域の要請に的確に応えるための体制を構築することとし、平成34年4月(第4期中期目標期間開始時点)に経営統合することを目標としています。

締結後の記者会見において、和田健夫学長は、「経営統合にあたり2つの想いがある。1つは国立大学の方向性・将来像である。国立の単科大学が存在感を示しつつ連携することによって、総体としての力を発揮したい。もう1つは、国立大学のミッションである。国立大学には、科学技術への貢献、知の創造・継承、均質で良質な教育、地域の発展といった共通のミッションがある。今まで以上にミッションを果たすための連携である。」と熱い想いを述べました。

『価値ある大学2019年版~就職力ランキング~(日経キャリアマガジン特別編集) (日経ムック)』

2018年5月30日
 

京都学園大学 2019年4月に「京都先端科学大学」に校名変更

2018年5月30日
 

京都学園大学は、
2019年4月より「京都先端科学大学」〈Kyoto University of Advanced Science(略称:KUAS〉に校名を変更するようです。

(京都学園大学/2018.04.01)(一部抜粋)

校名変更のお知らせ(2019年4月より)

2018年4月1日開催の平成30年度入学式において永守理事長より発表がありましたとおり、京都学園大学は、2019年4月より「京都先端科学大学」〈Kyoto University of Advanced Science(略称:KUAS〉に大学校名を変更致しますことをご案内申し上げます。
京都学園大学は1969(昭和44年)に創設、2019年に創立50周年を迎えます。この節目に未来の50年を見据え、大学校名を変更致します。関係各位におかれましては、引き続きご理解、ご支援賜わりますようお願い申し上げます。

『岐路に立つ日本の大学: 新自由主義大学改革とその超克の方向』

2018年5月23日
 
岐路に立つ日本の大学: 新自由主義大学改革とその超克の方向
細井克彦
合同出版
売り上げランキング: 866,863

『学習評価』

2018年5月21日
 
学習評価
学習評価
posted with amazlet at 18.05.20
中島 英博
玉川大学出版部
売り上げランキング: 39,864

追手門学院大学 修士(大学経営)の学位が取得できる大学院

2018年5月21日
 

追手門学院大学では、
2018年4月に経営学の分野で修士(大学経営)の学位が取得できる大学院を設置したようです。

(追手門学院大学/2018.04.25)(一部抜粋)

大学経営に特化した大学院コース

大学経営に特化した大学院がスタート
追手門学院大学は経営学の分野で修士(大 学経営)の学位が取得できる大学院としては 全国初となる、大学経営に特化した研究領域 を、本年 4 月に大学院経営・経済研究科に開 設しました。
この研究領域は現役の大学職員を含めた社 会人も対象にしており、今春入学した第 1 期 生は全員が現役の大学職員で、本学から 4 名、他大学から 2 名の合計 6 名の構成です。

どのような教育・研究をするのか
現役の大学職員が学ぶ研究領域の名称は、 大学院経営・経済研究科 経営・経済専攻 経 営コース 大学経営研究領域で、博士前期課 程のみです。標準修了年限は 2 年で修了には 30 単位以上と修士論文が必要です。
大学経営研究領域特有の開講科目は「経営戦略論研究(大学経営)」、「経営管理論研究(大学経営)」、「高等教育論」、「大学職員論」、「キャリア開発支援論」、「高等教育統計解析」で、経営学の視点から大学経営に関する専門分野の理論・事例・政策・制度・歴史を体系的に深く学び、教育マネジメント課題を調査・分析・考察する力を身に付けることを目指しています。
..(略)...