札幌大学 敷地内にドラッグストア「サツドラ西岡札大前店」がオープン

2022年11月18日
 

札幌大学では、
大学敷地内にドラッグストア「サツドラ西岡札大前店」がオープンしたようです。

(札幌大学/2022.11.17)(一部抜粋)

「サツドラ西岡札大前店」が本学敷地内にオープンしました

11月16日(水)、本学敷地内に「サツドラ西岡札大前店」がオープンし、メディア向け内覧会とオープン式典が行われました。

本学は、「サツドラ西岡札大前店」をはじめ、北海道札幌市に本社を置くドラッグストアチェーン「サツドラ」グループを統括するサツドラホールディングス株式会社(以下、サツドラHD)と2021年9月に「包括連携協定」を締結しており、これまで互いの知見を活かしながらさまざまな協働事業を推進してきました。今回の新店オープンも、包括連携協定締結がきっかけで実現した事業の一つです。また、サツドラHDの代表取締役社長兼 CEOである富山浩樹さんは、本学の卒業生です。

「サツドラ西岡札大前店」には、大学の情報発信ができる場も設置され、今後、学生による情報発信や地域交流などの活動が積極的に行われる予定です。また、新店舗のデータを活用した授業実施のほか、学生との連携による様々な企画を予定するなど、教育とビジネスの新しい融合を目指しています。

本学では、今後もサツドラHDとの連携を強め、それぞれのリソースを活かした連携事業を展開していく予定です。...(略)...

実践女子大学短期大学部 2024年度以降の学生募集停止

2022年11月 9日
 

学校法人実践女子学園は、
実践女子大学短期大学部の2024年度以降の学生募集停止を決定したようです。

(実践女子大学短期大学部/2022.10.31)(一部抜粋)

実践女子大学短期大学部の学生募集停止について

 このたび学校法人実践女子学園は、実践女子大学短期大学部について、2023年度の入学生を最後に、2024年度以降の学生募集を停止することを、2022年10月22日開催の理事会にて決定いたしました。
 実践女子大学短期大学部は、1950年の創立以来、「女性が社会を変える、世界を変える」という建学の精神に基づく教育により有為な人材を輩出し、社会に貢献してまいりました。しかしながら、近年の18才人口の減少や4年制大学志向の強まりなど社会状況の大きな変化を受け、短期大学部の今後について慎重に検討を重ねてきた結果、誠に残念ながら、2023年度の入学生を最後に、2024年度以降の学生募集を停止します。
 なお、2023年度入学生を含む在学生の教育、就職、進学支援、学生生活サポート等は、全ての学生が卒業するまで、これまで同様に教職員が一丸となって続けてまいります。
 短期大学部の在学生、卒業生、保護者の皆様をはじめ、これまでの短期大学部の教育・運営に深いご理解と多大なるご支援を賜りました皆様に厚く御礼申し上げますとともに、今回の決定について何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

日本大学文理学部 地域通貨を学生に配る学生外食昼食支援事業

2022年11月 9日
 

日本大学文理学部では、
後援会からの支援を受けていくつかの学生支援事業をおこなっているようです。
そのなかの「学生外食昼食支援事業」では、キャンパスのある世田谷区内で使える地域通貨2000円分を学生に配る取り組みをおこなっているようです。

(日本大学/2022.10.03)(一部抜粋)

【全学生対象】文理学部後援会『学生支援事業』のご案内

日本大学文理学部後援会からの支援を受け,以下3つの学生支援事業を10月1日(土)より行っております。
...(略)...

1)学生食堂等100円割引!事業
2)テーブル・イス等の整備補充事業
3)学生外食昼食支援事業
学食混雑緩和のために,大学近辺の加盟店でご利用できる「せたがやPay」2,000円分のポイント配布します。...(略)...

第1回 EDIX(教育総合展)オンライン

2022年10月 5日
 

EDIX実行委員会が取材する「第1回 EDIX(教育総合展)オンライン」が、2022年10月5日(水)~7日(金)の期間で開催されるようです。

(EDIX実行委員会)(一部抜粋)

第1回 EDIX(教育総合展)オンライン

EDIXは毎年、 5月に東京、 6月に関西で開催している教育分野 日本最大級の展示会です。
地域による教育格差を少しでも減らし、誰も取り残されることなく教育が受けられる、社会の実現に貢献したいとの想いから、オンラインでも開催する運びとなりました。
会場に足を運ぶことが難しかった来場者・出展社でもEDIXオンラインなら、場所を選ばず、気軽に参加することができます。

総称:第1回 EDIX(教育総合展)オンライン
会期:2022年10月5日(水)~7日(金)10:00~18:00
主催:EDIX実行委員会(企画運営:RX Japan株式会社)

大阪大学のロゴ等を無断使用した商品が Web通販サイトで販売!?

2022年10月 4日
 

大阪大学は、
同大の名称やロゴマークを無断で使用した商品(バッグ、Tシャツ、マグカップ等)が販売されているとして、ホームページ上で注意喚起を行っています。

(大阪大学/2022.09.15)(一部抜粋)

【注意喚起】大阪大学の名称・ロゴを無断使用した商品の Web通販サイトでの販売について

このたび、Web通販サイトにおいて、本学の名称・ロゴマークを無断で使用した商品(バッグ、Tシャツ、マグカップ等)が販売されていることが判明いたしました。

本学は、これらの商品の製造・販売に関与しておらず、当該商品の購入から生じる問題について、責任を負うことはできませんので、ご注意ください。

なお、当該Web通販サイトには掲載停止の要請を行っております。

香川大学 広報モニターを募集

2022年10月 4日
 

香川大学では、
同大学が行う広報活動について、学外の意見を取り入れるため広報モニターを募集しているようです。

(香川大学/2022.10.03)(一部抜粋)

令和4年度  広報モニター募集

香川大学が行う広報活動について、学外の皆様の意見を取り入れるため【広報モニター】を募集します。情報の受け手の立場に立った広報活動へつなげていくことを目的としています。

大学の広報活動に興味・関心があり、香川大学が大好きな方、ぜひ率直なご意見やご感想をお聞かせください。

令和4(2022)年度私立大学・短期大学等入学志願動向(日本私立学校振興・共済事業団)

2022年9月14日
 

日本私立学校振興・共済事業団は、
令和4(2022)年度私立大学・短期大学等入学志願動向を公表しています。

(日本私立学校振興・共済事業団/2022.09.09)(一部抜粋)

令和4(2022)年度私立大学・短期大学等入学志願動向

//今年度の特徴//
大学の概況
・志願者数、受験者数は前年度から減少したが、入学定員、合格者数、入学者数は増加した。
・入学者数は7,991人増加して、502,199人となった。
・入学定員充足率は1.03ポイント上昇して、100.84%となった。
・入学定員充足率が100%未満の大学は7校増加して284校となり、大学全体に占める 未充足校の割合は1.1ポイント上昇して、47.5%となった...(略)...

大学入学者選抜における好事例について(文部科学省)

2022年9月14日
 

文部科学省は、
令和3年10月に「大学入学者選抜における好事例選定員会」を設置し、高大接続改革や大学入学者選抜方法の改善を一層促進する観点から、実態調査等を踏まえ、他大学の模範となる好事例を試行的に選定し、事例集を取りまとめたようです。

(文部科学省/2022.08.18)(一部抜粋)

大学入学者選抜における好事例について

 令和3年7月に取りまとめられた「大学入試のあり方に関する検討会議 提言」において、記述式問題の出題や総合的英語力の育成・評価、多様な背景を持つ学生の受入れなどについて、他大学の模範となる先導的な取組を推進するため、客観的なデータを踏まえたピアレビュー等に基づき好事例を認定し公表することが提言されました。
 これを踏まえ、文部科学省において、令和3年10月に「大学入学者選抜における好事例選定員会」を設置し、高大接続改革や大学入学者選抜方法の改善を一層促進する観点から、実態調査等を踏まえ、他大学の模範となる好事例を試行的に選定し、本事例集を取りまとめました。

大学認知度・イメージ調査(2022)(マイナビ進学総合研究所)

2022年9月 6日
 

マイナビ進学総合研究所は、
全国の2023年3月に卒業予定の高校3年生を対象とした「大学認知度・イメージ調査(2022)」を発表しました。

(マイナビ進学総合研究所/2022.09.05)(一部抜粋)

大学認知度・イメージ調査
2022年7月実施 報告書

マイナビ進学総合研究所では、今回初めて「大学認知度・イメージ調査」を実施しました。
高校生の、各大学に対する認知度とイメージを把握するための調査となります。
全国の高校3年生約 18 万人を対象にアンケートを実施し、約1 万 1 千件の回答を得ました。
大学進学を希望する 8,276 名の回答を基に、各エリアにおいて認知度・各イメージ項目のランキングを作成しましたのでぜひご覧ください。...(略)...

調査結果(抜粋)

//各エリアの認知度ランキング//
関西を除く各エリアで、国立大学が認知度ランキング1位を獲得。関西では近畿大学が1位を獲得。

//「イキイキしている」イメージ//
「イキイキしている」イメージ1位は、認知度1位とは違う顔ぶれとなった。関東・甲信越では青山学院大学が1位に。
...(略)...

千葉工業大学 学修歴証明書をNFTで発行

2022年8月23日
 

千葉工業大学では、
NFT(非代替性トークン)による学修歴証明の発行を開始したようです。

(千葉工業大学/2022.08.18)(一部抜粋)

国内初!千葉工業大学で学修歴証明書をNFTで発行

千葉工業大学(千葉県習志野市 学長:松井孝典)と株式会社 PitPa(本社:東京都渋谷区 代表取締役:石部達也、以下「PitPa」)は、共同で web3 時代を見据えたグローバル人材の育成を測るため、様々なツールの開発・推進を行っております。この度、第一弾として伊藤穰一がセンター長を務める千葉工業大学変革センターにて、NFT(非代替性トークン)による学修歴証明の発行を開始したことを発表いたします。...(略)...

本件のポイント
● 学修歴証明書をブロックチェーン上に記録し、改ざんを防ぎつつ、NFTとして活用する証明書の発行は国内初の試み
● NFT 修得証明書は仮想通貨のウォレットで証明データを管理できるため、様々なプラットフォームに接続し学びの成果をワンストップでアピールが可能に。ジョブ型雇用促進時代にいち早く対応
● 記録の改ざんができないブロックチェーン技術の強みを活かしつつ、学生のプライバシーにも配慮した仕様を盛り込んだことで情報漏洩リスクを軽減
● 雇用スタイルが変化する中、web3 時代の到来に備え、世界標準のツールを用意することで国際人材の輩出を支援
...(略)...